• 期間:2020年4月〜
  • 部会長:松井健志(国立がん研究センター)
  • 幹事:伊吹友秀(東京理科大学)、大北全俊(東北大学)
  • 部会員:會澤久仁子(国立循環器病研究センター)、石川洋子(旭川医科大学)、磯野萌子(大阪大学)、井上悠輔(東京大学)、大原里佳(東京薬科大学)、川崎唯史(熊本大学)、楠瀬まゆみ(理化学研究所)、酒井田由紀(岐阜聖徳学園大学)、酒井朋子(量子科学技術研究開発機構)、櫻井浩子(東京薬科大学)、佐藤労(藤田医科大学)、佐野信也(ふじみクリニック)、清水右郷(国立循環器病研究センター)、下津友子、鈴木将平(国立国際医療研究センター)、高井寛(石川県立看護大学)、高島響子(国立国際医療研究センター)、高野忠夫(東北大学病院)、武ユカリ(関西医科大学)、田代志門(東北大学)、土屋貴志(大阪市立大学)、土井香(国立循環器病研究センター)、戸田聡一郎(東北大学)、遠矢和希(国立がん研究センター東病院)、中田はる佳(国立がん研究センター)、廣瀬一隆(京都府立医科大学)、丸山英二(神戸大学名誉教授)、三羽恵理子(東京大学)、楊河宏章(徳島大学病院)、柳橋晃(国立がん研究センター)、山崎千里(大阪大学)、山本圭一郎(国立国際医療研究センター)、渡邉達也(北里大学)、

部会の目的

わが国における研究倫理学領域の学術研究および研究倫理に関する実践・教育活動を促進・発展させることを目的に、部会参加者の間での学術的交流・意見交換を始めとする諸活動を展開します。近年、生命倫理の中における研究倫理学領域の研究及び実践・教育活動は世界的にも非常に盛んとなりつつあります。一方、わが国の研究倫理学領域を専門とする人材は、若手も含めて未だ少ないのが実情です。そのため、本部会が中心となり、日本の生命倫理における研究倫理学領域での学術・実践・教育活動をけん引していきます。本部会活動を通じて、学会員の間での研究倫理に対する興味関心を高めるとともに、他の周辺・関連領域を専攻する学生や若手研究者を、研究倫理学を始めとする生命倫理領域に引き入れる活動を進めます。

2021年活動計画

  • 研究倫理に関するテーマを扱った定例研究会の開催:目標として年10回程度の開催とし、共同研究テーマ等の発掘・推進や新規の研究アイデア等に関しての議論を深める
  • 研究倫理に関する質の高い教育研修会やシンポジウム等の後援・共催等の推進
  • 学会誌『生命倫理』の下での部会オンライン・ジャーナルの創設に向けた検討(可能か否か等を含めて)

2021年度新規部会員募集のお知らせ

本部会は、研究倫理学領域の学術研究および研究倫理に関する実践・教育活動を促進・発展させることを目的に、部会参加者の間での学術的交流・意見交換を始めとする諸活動を行います。

なかでも、研究倫理に関するテーマを扱った定例研究会の開催が主たる活動となります。2020年度は7月のプレ研究会のあと合わせて9回の研究会を開催しました。本年度も10回程度の開催を予定しており、すでに4月以降毎月開催しております。各担当者の研究発表を通じて、研究倫理の知見を深め、共同研究テーマ等の発掘・推進や新規の研究アイデア等に関しての議論を深めることを企図しております。その他に、研究倫理に関する教育研修会やシンポジウム等の後援・共催等も予定しております。

本部会活動を通じて、学会員の間での研究倫理に対する興味関心が高まり、裾野が広がることを願っております。関心のある方はご応募ください。

本部会に関するお問い合わせ先

b09-kenkyu[at]ja-bioethics.jp

本部会への参加 フォーム

参加フォーム
脱退についてもこちらのフォームからどうぞ