巻頭言

新型コロナウイルス感染症をめぐる生命倫理と医事法
甲斐 克則(早稲田大学)

依頼論文

ヒトゲノム編集のガバナンスと分野横断型協働の果たす役割
加藤 和人(大阪大学大学院 医学系研究科)

生命医療倫理の研究者・実践者としてゲノム編集に思うこと
門岡 康弘(熊本大学大学院 生命科学研究部 生命倫理学講座)

原著論文

性機能不全における治療の安全性を考える――境界例/普通精神病という観点から
水野 礼(名古屋大学大学院/名古屋市立大学)

報告論文

輸血拒否患者に対する診療拒否の法律上の問題点
伊藤 暢章(バルサム法律事務所)/正村 哲也(バルサム法律事務所)

臨床倫理コンサルテーションにおける相談内容の分類――宮崎大学医学部附属病院臨床倫理部のクリニカルインディケータをもとに
三浦 由佳里(宮崎大学医学部附属病院 臨床倫理部)/板井 孝壱郎(宮崎大学医学部附属病院 臨床倫理部)/綾部 貴典(宮崎大学医学部附属病院 臨床倫理部/医療安全管理部)

臨床研究論文でのResearch Ethics Approval虚偽記載に関する研究倫理学的考察
松井 健志(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 生命倫理・医事法研究部)/高井 寛(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 生命倫理・医事法研究部)/柳橋 晃(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 生命倫理・医事法研究部)

臨床試験における倫理的諸問題――被験者の視点から見えてきたこと
高井 寛(国立がん研究センター)/松井 健志(国立がん研究センター)

持続可能な臨床倫理コンサルテーションの活動に向けて
金田 浩由紀(関西医科大学総合医療センター 臨床倫理・合意形成支援センター、医療安全管理部、呼吸器外科)

研究倫理における脆弱性の概念
川﨑 唯史(熊本大学大学院 生命科学研究部)/大北 全俊(東北大学大学院 医学系研究科)/佐藤 靜(大阪樟蔭女子大学 学芸学部)/松井 健志(国立がん研究センター 社会と健康研究センター)