ゲノム編集技術によるヒト受精卵からの双子誕生の発表に関する声明

香港で開催された第2回ヒトゲノム編集国際サミットにおいて、中国の研究者がゲノム編集を行った受精卵から双子を出産させたという発表が行われた(2018年11月28日)。発表内容の真偽について現時点では明らかではないが、当学会としては非常に憂慮すべき事態と考える。

近年、世界中で行われている議論や報告書などで表明されているように、人を対象とする世代を越えたゲノム編集の臨床応用については、安全性および倫理面・社会面からの懸念など、さまざまな観点を総合し、現時点では禁止すべきとされている。今回のケースは、そのような考えに反し行われたもので、サミットで公表された内容から判断する限り、医学的目的の不明確さ、倫理審査の過程や研究計画の透明性の欠如、被験者保護の方策の不十分さなど、様々な点で倫理的に問題があるものと考えられる。

このような非倫理的な行為は断じて許されるものではなく、当学会としての懸念を表明するものである。

日本生命倫理学会は、これまでもゲノム編集技術について議論の場を設けてきた。今後は、今回のような非倫理的な行為の再発を防止し、ゲノム編集技術という新しい技術が適切に利用されるために、市民、患者、および関連分野の科学者や専門家とともに、社会の中で広く議論が行われるように、そして、適切な規制の整備が行われるように、さまざまな活動を進めていく所存である。

2018年12月9日
日本生命倫理学会
理事一同

Statement concerning the announcement of the birth of twins from a fertilized human egg by means of genome editing technology

At the Second International Summit on Human Genome Editing held in Hong Kong, an announcement was made that a Chinese researcher allowed the birth of twins from a fertilized egg subjected to genome editing (November 28, 2018). Although the authenticity of the details of the announcement is unclear, we consider this an extremely alarming situation.

When collectively considering various perspectives such as safety, as well as ethical and social concerns based on recent reports and discussions around the world, we believe the clinical application of genome editing that targets humans and is passed on through future generations should be prohibited for now. The present case goes against this line of thought. As far as can be determined from the contents presented at the summit, this case is ethically problematic on many fronts, including the ambiguity of medical objectives, lack of transparency of research programs and mechanisms of ethical review, and insufficient consideration toward the protection of trial subjects.

This kind of unethical behavior is something that absolutely cannot be excused, and for this reason, we state our concerns here.

The Japan Association for Bioethics has worked to establish a setting to discuss genome editing technologies. Moving forward, we hope to prevent unethical behavior as happened in the present case, and in order to ensure the appropriate use of this technology, we will continue our various efforts together with scientists and specialists in related fields, patients, and citizens, such that discussions are held widely throughout society and appropriate regulations are established.

December 9, 2018
Japan Association for Bioethics
Board of Directors

LinkIconゲノム編集技術によるヒト受精卵からの双子誕生の発表に関する声明LinkIcon

ニュース

こちらのニュースは、当会会員や関連学協会等の活動を掲載しております。ただし、日本生命倫理学会として、特定の立場・意見を支持するものではございません。



これ以前のすべての情報につきましてはこちらをご覧ください。



日本生命倫理学会 事務局

◎住所

〒112-0012
東京都文京区大塚5-7-11-612

※駐車場はございません。

◎受付時間

休業日 : 毎週水曜、金曜、土曜、日曜、祝祭日(年末年始、夏期長期休業)
受付時間 : 10:00〜16:00
電話 & FAX : 03-6231-0576
電子メール : jab@nifty.com

◎年会費のお振込について

入会金:1,000円
正会員:7,000円
学生会員、会友:3,000円
振込先口座名:日本生命倫理学会
(ニホンセイメイリンリガッカイ)

■郵便振替口座:00140-5-5755 
(他金融機関からは、ゆうちょ銀行
〇一九(ゼロイチキュウ店)
当座 0005755)
■三菱UFJ銀行:西池袋支店
普通 2011797

※学会誌代のお振込先にもご利用いただけます。