Journal of the Japan Association for Bioethics

学会誌『生命倫理』Vol.17 No.1(通巻18号)

在庫状況:発売中

目次

巻頭言
生命・環境とグローバル化 加茂直樹
依頼論文
「日本生命倫理学会」成立の歴史的状況 ?一つの記録? 坂本百大
戦争・テロは生命倫理の課題か ?殺人の正当化と寛容律? 加藤尚武
脳神経倫理 ?脳科学と社会の健全な関係をめざして? 佐倉 統
福士珠美
第18回日本生命倫理学会年次大会招待講演
「郷村医生として生きる」 包 金山
第18回日本生命倫理学会年次大会シンポジウム
ビオスの本源的装甲 金森 修
エンハンスメントと現代社会 倉持 武
倫理はエンハンスメントをどう捉えるべきか 篠原駿一郎
エンハンスメント概念の分析とその含意 伊吹友秀
児玉 聡
プロフェッションとしての医療 樫 則章
「戦争とテロ」に抗するバイオエシックス 
?Narrative Approachによるベトナム体験?
木村利人
原著論文
日本における生命倫理政策の歴史的展開 ?生命倫理委員会の合意形成? 額賀淑郎
金一裕之
赤林 朗
「和」と日本の看護倫理 小西恵美子
八尋道子
小野美喜
中嶋尚子
自分の死と他者の死は誰にかかわることか 
?死の形而上学へのカプグラ症候群からの問いかけ?
新山喜嗣
私たちの生命倫理学は、なぜハンセン病問題を知らずにきたか 宮坂道夫
脳死・臓器移植に対する看護学生とその親の認識 齊田菜穂子
報告
記述表現からみた大学生の「生命倫理」に関する考え 横尾美智代
佐藤ひかり
福地範恵
早島 理
医療倫理学教育におけるケース構成法の意義 服部健司
医療に対する自律性に関する日米比較 松井美帆
紹介
米国の医療者教育における文学教育 足立智孝
コンコーダンスの概念について 渡辺義嗣
研究ノート
現代アメリカの無保険者問題と医療保険改革 天野 拓
「死」を問うことの意味 ?私たちは近代を前史とすることができるか? 下村英視
インフォームド・コンセントと儒教倫理 葛生栄二郎
ミスコンダクトの調査における手続保障 
?アメリカ合衆国における議論の歴史から?
佐藤雄一郎
デッド・ドナー・ルールの倫理学的検討 児玉 聡
「不幸な子どもの生まれない運動」と羊水検査の歴史的受容過程
?「障害児」出生抑制政策(1960年代半ば?70年代初頭)興隆の社会構造的要因?
土屋 敦
身体の存在形式または、意思と状況との関係性の違いに
基づく生命維持治療における差し控えと中止の解釈
川島孝一郎
伊藤道哉
ドイツにおける「妊娠葛藤相談」について ?義務づけられた相談をめぐる諸問題? 小椋宗一郎
消費者に直接販売される遺伝子検査の規制をめぐって ?イギリスの事例? 渡部麻衣子
土屋 敦
大畑尚子
高田史男
挙児・子育て希望者の多様化がもたらす課題 ?同性愛カップルの事例から? 柳原良江
フランスにおける出生前診断の現状と胎児理由による?IVG?の危機 
?ペリュシュ判決その後?
山本由美子
遺伝子情報の取り扱いに関する倫理問題 ??Rothstein?による政策的議論を中心にして? 岩江荘介
第18回日本生命倫理学会年次大会プログラム(当日の記録)

バックナンバー目次
LinkIconVol.28 No.1 通巻29号

『生命倫理』通巻29号

『生命倫理』通巻28号

『生命倫理』通巻27号

『生命倫理』通巻26号

『生命倫理』通巻25号

『生命倫理』通巻24号

『生命倫理』通巻23号

『生命倫理』通巻22号

『生命倫理』通巻21号

『生命倫理』通巻20号

『生命倫理』通巻19号

『生命倫理』通巻18号

『生命倫理』通巻17号

『生命倫理』通巻16号

『生命倫理』通巻15号

『生命倫理』通巻14号

『生命倫理』通巻13号

『生命倫理』通巻12号

『生命倫理』通巻11号

『生命倫理』通巻10号

『生命倫理』通巻9号

『生命倫理』通巻8号

『生命倫理』通巻7号

『生命倫理』通巻6号

『生命倫理』通巻5号

『生命倫理』通巻4号

『生命倫理』通巻3号

『生命倫理』通巻2号

『生命倫理』通巻1号

バックナンバー目次