Startup Award

若手論文奨励賞 受賞者・論文名一覧

2006年(通巻17号)

  • 有馬 斉  「利益のボーダーライン-大脳機能の不可逆的な喪失と代理決定-」
  • 井上悠輔 「イギリスにおけるヒト胚利用の独立審査体制の再編  -受精・胚研究機構15年目の課題-」

2007年(通巻18号)

  • 佐藤雄一郎「アメリカ合衆国における研究不正に対する連邦政府の対応」
  • 小椋宗一郎「ドイツにおける「妊娠葛藤相談」について -義務づけられた相談をめぐる諸問題-

2008年(通巻19号)

  • 鶴若麻理 「台湾のハンセン病に関する一考察 -元ハンセン病患者への聞き取りから-

2009年(通巻20号)

  • 遠矢和希 「誰がARTを利用できるか -性的マイノリティにおける家族の形の多様化の可能性-
  • 戸田聡一郎「意識障害における有効なリハビリテーション方法の構築 -誤診率のメタ分析を手がかりとして-

2010年(通巻21号)

  • 大桃美穂 「終末期透析医療と事前指示」
  • 金城隆典 「倫理コンサルテーションと物語の能力」
  • 大北全俊 「感染症の拡大を防止することと個人の権利を制限すること」

2011年(通巻22号)

  • 加藤太喜子「「医学的無益」はいかなる場面で有効な概念か-医学的無益再考-」

2012年(通巻23号)

  • 高嶋響子 「英国における自殺幇助をめぐる論争とスイスへの渡航幇助自殺」

2013年(通巻24号)

  • 伊吹友秀 「親には最善の子供を産む義務があるか -PGDをめぐる一論争の批判的考察-
  • 鍾 宜錚  「台湾における終末期医療の議論と「自然死」の法制化 -終末期退院の慣行から安寧緩和医療法へ-

2014年(通巻25号)

  • 神馬幸一 「法的守秘義務に関する倫理的多義性」
  • 及川正範 「包括同意の諸要件とその倫理的背景 ―同意取得のあり方に関する一考察 ―」

2015年(通巻26号)

  • 川端 美季 「Public Bath Movement と近代日本の公設浴場設立――身体観・道徳観に注目して」

2016年(通巻27号)

  • 吉田一史美「1950年代の日本における乳児の人体実験」

日本生命倫理学会 事務局

◎住所

〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町17-1
日本橋ロイヤルプラザ9F 904号室

◎受付時間

休業日 : 毎週水曜、金曜、土曜、日曜、祝祭日(年末年始、夏期長期休業)
受付時間 : 10:00〜16:00
電話 & FAX : 03-6231-0576
電子メール : jab@nifty.com

◎電車でお越しの方へ

東京メトロ東西線「茅場町」駅より徒歩6分。
都営地下鉄浅草線「日本橋」駅より徒歩6分。
東京メトロ銀座線「日本橋」駅より徒歩10分。

※駐車場はございません。