Journal of the Japan Association for Bioethics

学会誌『生命倫理』Vol.24 No.1(通巻25号)

在庫状況:発売中 発行:2014年9月26日

目次

巻頭言

Foreword

題名

Title

平和のうちに生存する権利—バイオエシックスの原点

The Right to Live in Peace: The Starting Point of Bioethics

筆者

Author

木村利人

Rihito KIMURA

所属

Organization

早稲田大学名誉教授、日本生命倫理学会名誉会長


※所属は掲載時の情報となります。

原著論文

Articles

題名

Title

共通の価値に基づく QOL 概念の再検討

A re-examination of the concept of “quality of life” based on shared value judgments of a good life

筆者

Author

圓増 文

Aya ENZO

所属

Organization

東京大学大学院



題名

Title

プラシーボ反応と現代医療

The placebo response and modern medicine

筆者

Author

森 禎徳

Yoshinori MORI

所属

Organization

東邦大学


題名

Title

事前指示の撤回に関する倫理学的考察

An ethical view on the revocation of advance directives

筆者

Author

鈴木崇志

Takashi SUZUKI

所属

Organization

京都大学/日本学術振興会


題名

Title

米国における脳死論争の実体概念の分析

An analysis of the “entity” concept in brain death controversies in the U.S.

筆者

Author

峯村優一

Yuichi MINEMURA

所属

Organization

ニューヨーク州立大学


題名

Title

無侵襲的出生前遺伝学的検査における遺伝カウンセリング

Counseling concerns for non-invasive prenatal testing: A case of Trisomy 18

筆者

Author

櫻井浩子

Hiroko SAKURAI

所属

Organization

大阪大学


報告論文

Reports

題名

Title

災害時の調査研究の倫理

Ethical problems in disaster research

筆者

Author

飯島祥彦

Yoshihiko IIJIMA

所属

Organization

名古屋大学


題名

Title

AID 出生者とドナーの情報自主登録制とドナーリンキング  —オランダのフィオムの活動を参考に—

The voluntary registry of donor insemination offspring, donors, and donor linking: Lessons from the activities of Fiom in the Netherlands

筆者

Author

仙波由加里・清水清美・久慈直昭

Yukari SEMBA, Kiyomi SHIMIZU, Naoaki KUJI

所属

Organization

桜美林大学大学加齢発達研究所、国際城西大学、東京医科大学


題名

Title

〈人間の尊厳〉概念の超越的性格の根源性

The fundamentality of the transcendent character of the concept of “human dignity”

筆者

Author

金森 修

Osamu KANAMORI

所属

Organization

東京大学



題名

Title

養介護施設従事者における「高齢者虐待と不適切な行為」の認識およびその認識に関わる背景と要因

The recognition of “elderly abuse” and “inappropriate actions” among caregivers: The background factors informing their identification

筆者

Author

倉林しのぶ・芝山江美子・宮崎有紀子・李孟蓉・尾島喜代美・風間順子

Shinobu KURABAYASHI, Emiko SHIBAYAMA, Yukiko MIYAZAKI, Moyo RI, Kiyomi OJIMA, Junko KAZAMA

所属

Organization

高崎健康福祉大学、高崎健康福祉大学、高崎健康福祉大学、高崎健康福祉大学、高崎健康福祉大学、高崎健康福祉大学



題名

Title

台湾のハンセン病者への看護ケアに関する研究

Research concerning the nursing care of Hansen’s Disease patients in Taiwan

筆者

Author

鶴若麻理・横瀬利枝子

Mari TSURUWAKA, Rieko YOKOSE

所属

Organization

聖路加国際大学、早稲田大学人間総合研究センター



題名

Title

英国の終末期医療における意思能力法 2005 の現状と課題  —任意後見である永続的代理権と独立意思決定代弁人の意義をめぐって—

An exposition of the Mental Capacity Act 2005 in Britain: Focusing on Lasting Powers of Attorney and Independent Mental Capacity Advocate service

筆者

Author

田中美穂・児玉 聡

Miho TANAKA, Satoshi KODAMA

所属

Organization

日本医師会総合政策研究機構、京都大学



題名

Title

法的守秘義務に関する倫理的多義性

Ethical ambiguity concerning the legal duty of confidentiality

筆者

Author

神馬幸一

Koichi JIMBA

所属

Organization

静岡大学


題名

Title

自律から共苦へ —日本における「安楽死・尊厳死」裁判の再検討— 

From autonomy to co-suffering: revisiting “euthanasia and death with dignity” cases in Japan

筆者

Author

寿台順誠

Junsei JUDAI

所属

Organization

早稲田大学

 


題名

Title

社会復帰を遂げた人々の行く末への苦悩 —ハンセン病療養所退所者の語りから—

The continued suffering of recovered Hansen’ s Disease patients with regards to their future despite having achieved their rehabilitation: Narratives by those who left Hansen’s disease sanatoriums with regards to their later abode

筆者

Author

横瀬利枝子

Rieko YOKOSE

所属

Organization

早稲田大学人間総合研究センター

 


題名

Title

iPS 細胞の道徳的地位 —規制への含意—

The moral status of iPS cells: Implications for the regulations of iPS cell research

筆者

Author

石川真帆

Maho ISHIKAWA

所属

Organization

京都大学大学院



題名

Title

高齢者の同意能力評価高齢者の同意能力評価 —患者の保護と自己決定の尊重—

Assessment of elderly individuals’ capacity to consent: Protection of patients and respecting self-determination

筆者

Author

福田八寿絵

Yasue FUKUDA

所属

Organization

大阪大学



題名

Title

IC における「緩やかなパターナリズム」の正当化の検討

Can “moderate paternalism” in obtaining IC be justified?

筆者

Author

石田安実

Yasushi ISHIDA

所属

Organization

お茶の水女子大学



題名

Title

東日本大震災からの復興と医学研究の倫理 —東北メディカル・メガバンク計画をめぐって—

Revival of the Great East Japan Earthquake disaster and the ethics of medical research: The Tohoku Medical Megabank Project

筆者

Author

末永恵子

Keiko SUENAGA

所属

Organization

福島県立医科大学



題名

Title

在宅で終末期の家族を看取った遺族から見た在宅療養への認識

Cognizance of home care by bereaved individuals who have taken care of a terminally ill family member at home

筆者

Author

安藤 満代・二の坂保喜

Mitsuyo ANDO, Yasuki NINOSAKA

所属

Organization

聖マリア学院大学、にのさかクリニック



題名

Title

End of life careにおける医師と患者の対話 —死についての語りに着目して—

On the dialogical consultation of doctors and patients in end-of-life care: Focusing on talking about death

筆者

Author

濱崎絵梨・葛生栄二郎

Eri HAMASAKI, Eijirou KUZUU

所属

Organization

ノートルダム清心女子大学、ノートルダム清心女子大学



題名

Title

死が照らし出す生の意義と時間の形而上学 —不死を妄想主題とするコタール症候群が示すもの—

The meaning of life given by death and the metaphysics of time: What immortality in Cotard Syndrome reveals

筆者

Author

新山喜嗣

Yoshitsugu NIIYAMA

所属

Organization

秋田大学



題名

Title

高齢者への人工的水分・栄養補給法(AHN)の検討に関する現状  —看護師の認識に焦点をあてて—

Current conditions relating to the contemplation of artificial hydration and nutrition in the elderly: Focusing on nurses’ perspectives

筆者

Author

佐伯恭子・諏訪さゆり

Kyoko SAEKI, Sayuri SUWA

所属

Organization

千葉大学大学院、千葉大学大学院



題名

Title

急性期患者への意思決定プロセス支援と看護師の役割

The role of nurses and support for the decision-making processes of the acutely ill patient

筆者

Author

大桃美穂

Miho OMOMO

所属

Organization

町田市民病院



題名

Title

ゲノム解読等を用いた臨床遺伝子検査における偶発的所見への対応について —米国の事例を踏まえた考察—

Dealing with incidental findings in clinical genetic tests by genome and other sequencing:  Consideration in light of cases in the U. S.

筆者

Author

佐藤真輔

Shinsuke SATO

所属

Organization

東京大学大学院、文部科学省研究振興局



題名

Title

オーストラリア・ビクトリア州における子どもの出自を知る権利 —生殖補助医療法の歴史を中心に—

Information release to the donor conceived people in Victoria State, Australia, : concerning the reproductive treatment laws

筆者

Author

伊佐智子

Tomoko ISA

所属

Organization

久留米大学



題名

Title

包括同意の諸要件とその倫理的背景 —同意取得のあり方に関する一考察—

Requirements for general consent and their ethical underpinnings:  considering the ideal form of general consent

筆者

Author

及川正範・藤田みさお・赤林 朗

Masanori OIKAWA, Misao FUJITA, Akira AKABAYASHI

所属

Organization

東京大学生命・医療倫理教育研究センター、京都大学iPS細胞研究所、東京大学



題名

Title

性別の選択を目的とした着床前診断(PGD)の利用の是非に関する生命倫理学的考察

Should PGD for sex-selection be allowed in the Japanese context? A literature review and critical analysis of the bioethical arguments

筆者

Author

伊吹友秀

Tomohide IBUKI

所属

Organization

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター トランスレーションメディカルセンター



報告第25回日本生命倫理学会年次大会プログラム(当日の記録)

Program of the 25th Annual Meeting

バックナンバー目次
LinkIconVol.26 No.1 通巻27号

vol_26.jpg『生命倫理』通巻27号

vol_25.jpg『生命倫理』通巻26号

vol_24.jpg『生命倫理』通巻25号

vol_23.jpg『生命倫理』通巻24号

vol23.png『生命倫理』通巻23号

vol_21.jpg『生命倫理』通巻22号

vol_20.jpg『生命倫理』通巻21号

jab20.jpg『生命倫理』通巻20号

vol_19.jpg『生命倫理』通巻19号

vol_18.jpg『生命倫理』通巻18号

vol_17.jpg『生命倫理』通巻17号

vol_16.jpg『生命倫理』通巻16号

vol_15.jpg『生命倫理』通巻15号

vol_14.jpg『生命倫理』通巻14号

vol_13.jpg『生命倫理』通巻13号

vol_12.jpg『生命倫理』通巻12号

vol_11.jpg『生命倫理』通巻11号

vol_10.jpg『生命倫理』通巻10号

vol_09.jpg『生命倫理』通巻9号

vol_08.jpg『生命倫理』通巻8号

vol_07.jpg『生命倫理』通巻7号

vol_06.jpg『生命倫理』通巻6号

vol_05.jpg『生命倫理』通巻5号

vol_04.jpg『生命倫理』通巻4号

vol_03.jpg『生命倫理』通巻3号

vol_02.jpg『生命倫理』通巻2号

vol_01.jpg『生命倫理』通巻1号

バックナンバー目次

日本生命倫理学会 事務局

◎住所

〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町17-1
日本橋ロイヤルプラザ9F 904号室

◎受付時間

休業日 : 毎週水曜、金曜、土曜、日曜、祝祭日(年末年始、夏期長期休業)
受付時間 : 10:00〜16:00
電話 & FAX : 03-6231-0576
電子メール : jab@nifty.com

◎電車でお越しの方へ

東京メトロ東西線「茅場町」駅より徒歩6分。
都営地下鉄浅草線「日本橋」駅より徒歩6分。
東京メトロ銀座線「日本橋」駅より徒歩10分。

※駐車場はございません。