Journal of the Japan Association for Bioethics

学会誌『生命倫理』Vol.21 No.1(通巻22号)

在庫状況:発売中 発行:2011年9月25日

目次

巻頭言

Foreword

題名

Title

医療教育における医の倫理

Medical Ethics in the Medical Education in Japan

筆者

Author

酒井シヅ

Shidu SAKAI

所属

Organization

順天堂大学名誉教授、日本医史学会理事長


※所属は掲載時の情報となります。

原著論文

Articles

題名

Title

遷延性意識障害におけるケア提供と資源配分に関する倫理的諸問題—日本に特異的な診断基準からの一考察—

Ethical problems regarding care provision and resource allocation in persistent vegetative state: a consideration from Japan-specific diagnostic criteria

筆者

Author

戸田聡一郎

Soichiro TODA

所属

Organization

東京大学大学院医学系研究科



題名

Title

代理出産における倫理的問題のありか—その歴史と展開の分析から—

What is the essential ethical issue in conducting surrogacy?From an analysis of its history and development

筆者

Author

柳原良江

Yoshie YANAGIHARA

所属

Organization

東京大学


題名

Title

ヒトと動物のキメラを作成する研究はどこまで認められるか?—再議論に向けた検討課題の提示—

How much longer can we create human and animal chimera for scientific research?The agendas for discussion

筆者

Author

神里彩子

Ayako KAMISATO

所属

Organization

東京大学医科学研究所

 


題名

Title

自殺増加の要因とその抑制に向けての一考察—「宗教性」をめぐって—

A proposal of important factors of a suicide increase and control: Around religious mind

筆者

Author

石濱照子

Teruko ISHIHAMA

所属

Organization

東洋英和女学院大学大学院人間科学研究科、東京都中野区健康福祉部

 


題名

Title

「医学的無益」はいかなる場面で有効な概念か—医学的無益再考—

Rethinking medical futility: Is the notion of “medical futility” valid in clinical situations?

筆者

Author

加藤太喜子

Takiko KATO

所属

Organization

岐阜医療科学大学保険科学部

 


題名

Title

臨床倫理学におけるカズイストリの可能性

Probable potentiality of casuistry in clinical ethics

筆者

Author

服部健司

Kenji HATTORI

所属

Organization

群馬大学大学院医学系研究科 医学哲学・倫理学分野

 

報告論文

Reports

題名

Title

ターミナルケアにおける「ナラティヴ・アプローチ」の意義—「何の役にも立たなかった」人生から「人の役に立ちたい」人生への展開—

The significance of the “narrative approach” in terminal care:transition from “a useless life” to “wishing to be useful to others”

筆者

Author

遠藤紀子

Noriko ENDO

所属

Organization

東洋英和女学院大学大学院人間科学研究科


題名

Title

iPS細胞由来の生殖細胞作成とART への利用における倫理的問題

The ethical issues of utilizing gamete lines made from iPSC for ART

筆者

Author

遠矢和希

Waki TOYA

所属

Organization

大阪大学大学院医学系研究科医の倫理学教室


題名

Title

倫理的感受性の意味と解釈 —ヘーゲル「良心」論をもとにして—

Meaning and interpretation of ethical sensibility:Based on Hegel’s “Conscience” theory

筆者

Author

石川洋子

Hiroko ISHIKAWA

所属

Organization

旭川医科大学医学部看護学科、北海道大学大学院文学研究科



題名

Title

重症新生児の治療方針 —親の意思決定責任を中心に—

Treatment plans for neonates born with critical illnesses:decision-making responsibility of parents

筆者

Author

櫻井浩子

Hiroko SAKURAI

所属

Organization

立命館大学



題名

Title

姉妹間卵子授受による生殖補助医療(ART)実施クリニックの施設内倫理委員からの提言

Proposal from institutional review board members of a clinic involved inART practices by egg donation from sister

筆者

Author

柳井圭子・吉田耕治・シャルマ直美・藤川和男

Keiko YANAI, Koji YOSHIDA, Naomi SYARMAA, Kazuo FUJIKAWA

所属

Organization

日本赤十字九州国際看護大学看護学部/大牟田天領病院/福岡県臨床心理士会/近畿大学理工学部生命科学科



題名

Title

難病支援の理念について —経済効率からの再検討—

Philosophy of the support system for patients with intractable diseases:A reconsideration from the perspective of economic efficiency

筆者

Author

徳永純・西澤正豊

Jun TOKUNAGA, Masatoyo NISHIZAWA

所属

Organization

新潟大学脳研究所神経内科/新潟大学脳研究所神経内科



題名

Title

Medical Tourismが受入国の医療環境に及ぼす影響の論点整理

The effects of medical tourism on healthcare services in destination countries

筆者

Author

高島響子・児玉聡

Kyoko TAKASHIMA, Satoshi KODAMA

所属

Organization

東京大学大学院医学系研究科/東京大学大学院医学系研究科


題名

Title

米国連邦地方裁判所の仮差止め命令を通してみるヒトES細胞研究の規制に関する考察

Consideration on regulations for research on human ES cells, based on the preliminary injunction by a US federal district court

筆者

Author

佐藤真輔

Shinsuke SATO

所属

Organization

東京大学大学院工学系研究科、文部科学省研究振興局

 


題名

Title

米国大統領諮問生命倫理委員会の報告を踏まえた合成生物学の安全面、セキュリティ面及び倫理面からの考察

Consideration on synthetic biology from the perspectives of safety, security and ethics, based on the US presidential commission on bioethics report

筆者

Author

佐藤真輔

Shinsuke SATO

所属

Organization

東京大学大学院工学系研究科、文部科学省研究振興局

 


題名

Title

社会における脳死臓器移植—「2009年臓器移植法改正」論議における長期脳死と社会的合意

—Social consensus and chronic brain death: brain death disputes in Japan

筆者

Author

皆吉淳平

Jumpei MINAYOSHI

所属

Organization

慶応義塾大学・芝浦工業大学



報告第22回日本生命倫理学会年次大会プログラム(当日の記録)

Program of the 22nd Annual Meeting

バックナンバー目次
LinkIconVol.26 No.1 通巻27号

vol_26.jpg『生命倫理』通巻27号

vol_25.jpg『生命倫理』通巻26号

vol_24.jpg『生命倫理』通巻25号

vol_23.jpg『生命倫理』通巻24号

vol23.png『生命倫理』通巻23号

vol_21.jpg『生命倫理』通巻22号

vol_20.jpg『生命倫理』通巻21号

jab20.jpg『生命倫理』通巻20号

vol_19.jpg『生命倫理』通巻19号

vol_18.jpg『生命倫理』通巻18号

vol_17.jpg『生命倫理』通巻17号

vol_16.jpg『生命倫理』通巻16号

vol_15.jpg『生命倫理』通巻15号

vol_14.jpg『生命倫理』通巻14号

vol_13.jpg『生命倫理』通巻13号

vol_12.jpg『生命倫理』通巻12号

vol_11.jpg『生命倫理』通巻11号

vol_10.jpg『生命倫理』通巻10号

vol_09.jpg『生命倫理』通巻9号

vol_08.jpg『生命倫理』通巻8号

vol_07.jpg『生命倫理』通巻7号

vol_06.jpg『生命倫理』通巻6号

vol_05.jpg『生命倫理』通巻5号

vol_04.jpg『生命倫理』通巻4号

vol_03.jpg『生命倫理』通巻3号

vol_02.jpg『生命倫理』通巻2号

vol_01.jpg『生命倫理』通巻1号

バックナンバー目次