Journal of the Japan Association for Bioethics

学会誌『生命倫理』Vol.18 No.1(通巻19号)

在庫状況:発売中

目次

巻頭言
身近で起きている医療崩壊 高久史麿
第19回日本生命倫理学会年次大会基調講演
子どもたちの死と生 芹沢俊介
原著論文
脳死患者における人工呼吸器の中止 ―救急医に対する質的研究― 会田薫子
生命倫理学における民族誌的アプローチの重要性 岩佐光広
人間の尊厳と公序良俗 ―代理懐胎を手がかりとして― 堂囿俊彦
近年の米国における死の定義をめぐる論争 児玉 聡
遺伝学的エンハンスメント意識の規定要因と遺伝観 土屋 敦
HIV 予防啓発のメッセージに応答するということ 大北全俊
欧州におけるホスピス・緩和ケアの概念と倫理的問題 坂井さゆり
日本の病院における倫理的問題に対する認識と対処の現状
―看護管理者の視点をめぐって―
中尾久子
報告論文
生命人文学の提唱 ―情報学的に展開する研究領域として― 森岡正博
台湾のハンセン病に関する一考察 ―元ハンセン病患者への聞き取りから― 鶴若麻理
臨床倫理コンサルタントは何者であるべきか 福山美季
出生前診断をいかに受けとめているか 横瀬利枝子
代理懐胎合法化の是非についての検討
―日本と米国カリフォルニア州の代理懐胎の現状から―
仙波由加里
生殖補助医療法をめぐる議論の歴史とその意義
―「死後生殖」、「代理懐胎」、「子どもの出自を知る権利」を
めぐる内外の状況―
林かおり
「統一死体提供法」 の改定 (2006年) ― opt-in の破綻?― 田村京子
遷延性植物状態患者をめぐる神経倫理学的考察 ―新しい方法論に向けて― 戸田聡一郎
ある中規模総合病院におけるプラシーボ使用の現状と看護師の意識 田中美穂
「自殺」を是認する仏教の立場 ― 「人間の尊厳」の具現と安楽死問題― 木村文輝
宗教の役割と生命倫理 ―死者なき倫理の奢り― 竹内弘道
妊娠・出産の代行にともなう倫理的問題 柳原良江
解剖時の遺族への説明と同意 ―大学生の解剖に対する意識調査から― 清水詩子
出生前診断における 「胎児診療」 と 「女性の自己決定」
―助産師への質問紙調査をてがかりに―
山本由美子
第19回日本生命倫理学会年次大会プログラム(当日の記録)

バックナンバー目次
LinkIconVol.26 No.1 通巻27号

vol_26.jpg『生命倫理』通巻27号

vol_25.jpg『生命倫理』通巻26号

vol_24.jpg『生命倫理』通巻25号

vol_23.jpg『生命倫理』通巻24号

vol23.png『生命倫理』通巻23号

vol_21.jpg『生命倫理』通巻22号

vol_20.jpg『生命倫理』通巻21号

jab20.jpg『生命倫理』通巻20号

vol_19.jpg『生命倫理』通巻19号

vol_18.jpg『生命倫理』通巻18号

vol_17.jpg『生命倫理』通巻17号

vol_16.jpg『生命倫理』通巻16号

vol_15.jpg『生命倫理』通巻15号

vol_14.jpg『生命倫理』通巻14号

vol_13.jpg『生命倫理』通巻13号

vol_12.jpg『生命倫理』通巻12号

vol_11.jpg『生命倫理』通巻11号

vol_10.jpg『生命倫理』通巻10号

vol_09.jpg『生命倫理』通巻9号

vol_08.jpg『生命倫理』通巻8号

vol_07.jpg『生命倫理』通巻7号

vol_06.jpg『生命倫理』通巻6号

vol_05.jpg『生命倫理』通巻5号

vol_04.jpg『生命倫理』通巻4号

vol_03.jpg『生命倫理』通巻3号

vol_02.jpg『生命倫理』通巻2号

vol_01.jpg『生命倫理』通巻1号

バックナンバー目次