Journal of the Japan Association for Bioethics

学会誌『生命倫理』Vol.15 No.1(通巻16号)

在庫状況:発売中

目次

巻頭言
代諾は近道ではない 唄 孝一
依頼論文
環境問題と倫理意識 —地球温暖化と二種類の環境倫理— 大井 玄
エンハンスメントの倫理問題 虫明 茂
増進的介入と生命の価値 —気分操作を例として— 島薗 進
倫理審査委員会改革のための7つの提言 武藤香織
佐藤恵子
白井泰子
第16回日本生命倫理学会年次大会特別講演
13の和語たち 徳永 進
第16回日本生命倫理学会年次大会シンポジウム
看護者の責任 —誰に対して責任を負うのか— 宮脇美保子
生命と環境の倫理 —ケアによる統合— 高橋隆雄
看護者の責任 —医療リスクマネジメントにおいて
看護職に期待される役割と課題—
内田宏美
原著論文
ハンセン病の歴史が、看護教育に問いかけるもの
—看護職が果たすべき倫理的責任と生命倫理—
吉澤千登勢
白鳥孝子
ヒト胚研究における「生命権」と「人間の尊厳」の相互関係 神馬幸一
終末期ケアに関するグループ・ディスカッションを用いた啓発活動の効果 松井美帆
混合診療問題の生命倫理学的解決  栗原千絵子
薬害エイズと予防原則 屋良朝彦
報告
日本における病院倫理コンサルテーションの現状に関する調査 長尾式子
瀧本禎之
赤林 朗
母親がエホバの信者である未成年患者に対する治療例 横山朋子
一杉正仁
佐々木忠昭
長井敏明
今井 裕
徳留省悟
倫理的問題の認識に関する助産師の専門性と職業キャリア 中尾久子
長川トミヱ
藤村孝枝
堤 雅恵
中村仁志
森田秀子
大林雅之
小林敏生
仏教僧侶によるスピリチュアルケアの現状と展望
—真言宗僧侶の終末期ケアへの関与に関する調査から—
菊井和子
山口三重子
渡邉美千代
白岩陽子
死生観を問う教育は可能か
—看護学士課程における生命倫理教育の意味を考える
堀井泰明
紹介
PVS 患者の治療中止と政治介入との関係をめぐって
—アメリカ合衆国・フロリダ州の一事件から—
佐藤雄一郎
「人間であること」の重要性と人間中心主義 渋山昌雄
研究ノート
医療の情報の非対称性緩衝に向けた検討 谷口泰弘
塚田敬義
配偶者死亡後の医学的に援助された生殖—日仏の法的比較 本田まり
コスタリカにおける「人間の生命の始まり」に関する認識と
生命倫理のグローバル化
茅根美保
医療における意思決定と合意形成プロセス 浜町久美子
利用に先立つ胎児の地位
—イギリスにおける胎児組織ガイドラインの変遷から—
加藤太喜子
関係のなかの自己決定
—関係に生きる者が医療の現場で決断主体となるために—
田村充子
「生命の神聖性」と「生命の質」との対立を越えて—生存のためのコスト 野崎泰伸
ゲノムコホート研究における個別遺伝子解析結果の
原則「非」開示に関する考察
松井健志
喜多義邦
第16回日本生命倫理学会年次大会プログラム(当日の記録)

バックナンバー目次
LinkIconVol.26 No.1 通巻27号

vol_26.jpg『生命倫理』通巻27号

vol_25.jpg『生命倫理』通巻26号

vol_24.jpg『生命倫理』通巻25号

vol_23.jpg『生命倫理』通巻24号

vol23.png『生命倫理』通巻23号

vol_21.jpg『生命倫理』通巻22号

vol_20.jpg『生命倫理』通巻21号

jab20.jpg『生命倫理』通巻20号

vol_19.jpg『生命倫理』通巻19号

vol_18.jpg『生命倫理』通巻18号

vol_17.jpg『生命倫理』通巻17号

vol_16.jpg『生命倫理』通巻16号

vol_15.jpg『生命倫理』通巻15号

vol_14.jpg『生命倫理』通巻14号

vol_13.jpg『生命倫理』通巻13号

vol_12.jpg『生命倫理』通巻12号

vol_11.jpg『生命倫理』通巻11号

vol_10.jpg『生命倫理』通巻10号

vol_09.jpg『生命倫理』通巻9号

vol_08.jpg『生命倫理』通巻8号

vol_07.jpg『生命倫理』通巻7号

vol_06.jpg『生命倫理』通巻6号

vol_05.jpg『生命倫理』通巻5号

vol_04.jpg『生命倫理』通巻4号

vol_03.jpg『生命倫理』通巻3号

vol_02.jpg『生命倫理』通巻2号

vol_01.jpg『生命倫理』通巻1号

バックナンバー目次