Journal of the Japan Association for Bioethics

学会誌『生命倫理』Vol.8 No.1(通巻9号)

在庫状況:完売

目次

巻頭言
生命倫理と生存科学 江見康一
依頼論文
胎児の道徳的身分について 菅野盾樹
「自律」の可能性 佐々木能章
「健康」は「ウェルネス」か?
−健康概念の全体的な枠組みに関する考察−
森下直貴
臓器「配分」と正義問題 嶋津格
選択的人工妊娠中絶の倫理的許容条件 蔵田伸雄
臓器提供者の意思、家族の意思、社会の意思 樽井正義
論説
遷延性植物状態の不可逆性について 塚本泰司
羊水検査を受けるか否かの意思決定について 塚本康子
上見幸司
死がもたらす恵み 尾形敬次
アメリカにおけるインフォームド・コンセント概念 長岡成夫
報告
アジアにおける日本人による「腎移植ツアー」の実態 松野良一
新潟大学医学部における生命倫理教育の取り組み
−わが国における医の倫理教育の拡充に向けて−
宮坂道夫
山内春夫
出羽厚二
櫻井浩治
紹介
学生が経験した症例をもとにした臨床倫理教育 白浜雅司
研究ノート
DNA学と臨床遺伝学の違い 木田盈四郎
死をめぐる自己決定について−尊厳死と安楽死と− 五十子敬子
臓器移植法の検証−移植医療を支える倫理原則と公共政策の観点から− 旗手俊彦
生命倫理問題の臨床民族誌的アプローチ:精神科臨床の事例から 松澤和正
臓器移植と脳死−移植医療に今後どう対処していくべきか− 小出泰士
人工妊娠中絶における「自己決定」とは何か 根村直美
第9回日本生命倫理学会年次大会報告
日時:1997年11月1日〜2日 場所:筑波大学第一学群
オープニングセッション
Welcome address to University of Tsukuba Leo ESAKI
Europe and UNESCO look towards Asia David SHAPIRO
ようこそ 国際学園都市へ ダリル・メイサー
ワークショップ総括
1. 生命倫理と人類学 大井玄
武井秀夫
2. 生命倫理と社会的正義 小原信
樽井正義
3. 環境倫理 森岡正博
Richard EVANOFF
セッション総括
1. 安楽死と末期医療 谷田憲俊
藤井正雄
2. 臓器移植と脳死 深尾立
Carl BECKER
3. 遺伝学と出生 玉井真理子
青木清
4. 生命倫理教育1 赤林朗
紙屋克子
小松奈美子
5. 生命倫理教育2 浅田由紀子
小泉博明
大谷いづみ
6. インフォームド・コンセント 山田卓生
浅井篤
大林雅之

バックナンバー目次
LinkIconVol.26 No.1 通巻27号

vol_26.jpg『生命倫理』通巻27号

vol_25.jpg『生命倫理』通巻26号

vol_24.jpg『生命倫理』通巻25号

vol_23.jpg『生命倫理』通巻24号

vol23.png『生命倫理』通巻23号

vol_21.jpg『生命倫理』通巻22号

vol_20.jpg『生命倫理』通巻21号

jab20.jpg『生命倫理』通巻20号

vol_19.jpg『生命倫理』通巻19号

vol_18.jpg『生命倫理』通巻18号

vol_17.jpg『生命倫理』通巻17号

vol_16.jpg『生命倫理』通巻16号

vol_15.jpg『生命倫理』通巻15号

vol_14.jpg『生命倫理』通巻14号

vol_13.jpg『生命倫理』通巻13号

vol_12.jpg『生命倫理』通巻12号

vol_11.jpg『生命倫理』通巻11号

vol_10.jpg『生命倫理』通巻10号

vol_09.jpg『生命倫理』通巻9号

vol_08.jpg『生命倫理』通巻8号

vol_07.jpg『生命倫理』通巻7号

vol_06.jpg『生命倫理』通巻6号

vol_05.jpg『生命倫理』通巻5号

vol_04.jpg『生命倫理』通巻4号

vol_03.jpg『生命倫理』通巻3号

vol_02.jpg『生命倫理』通巻2号

vol_01.jpg『生命倫理』通巻1号

バックナンバー目次